人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

年代もの

年代もの_c0323807_11374079.jpg



こんにちは。


今日はフランス古着のベストとワークパンツを2点掲載しました。


両方とも年代ものの、古く価値のあるものです。







よろしくお願いします!




そして今日はこちらにスポットを当ててブログを書こうと思います!


年代もの_c0323807_11394588.jpg

パイピングが美しいウールベスト。


フランス語ではジレ、イギリス英語ではウエストコート。





このウールベストの年代判別は大体後ろのストラップと裏地の生地、着丈の長さ、ボタンなどで


判断します。


「このボタンだからこの年代です」


「この着丈だからこの年代です」


「この裏地だからこの年代です」


と、確実なものではなく、なんとなくこの着丈・このボタン・この裏地・このディテールと


色々組み合わせて年代判別します。


きっと中には当たっているもの、外れているものがあります。


古着屋の店主でも実はみんな判別方法はバラバラなので、(未知のものに対して)


「これが正解だ!」とは思わないでください。


ただ、このベストはとても親切なことに年代が書いてありました。


年代もの_c0323807_11374079.jpg

「25 Mai 1923」


です。


これは1923年の5月25日です。


親切なことに日付まで。


これは簡単に1920年代のものとわかりました。


しかも住所まで。


「57 Boulevard Haussmann」


と記載。グーグルマップで調べてみると、


これはフランスのパリのサン・ラザール駅の目の前の住所です。


(現在は携帯ショップになっています。)


実はこの住所、私は何度か目の前を通っているんです!


サン・ラザール駅は良く活用していましたし、パリの街の散策して


掘り出し物を探すことも良くしていました。


秋に行った時もこの地区でフリマをやっているという情報を得て、


この辺を歩き回りました。



いやー、面白いですね。


95年前の古着に記載されている住所に2018年、知らずに目の前を通っている。


これをタイムスリップ・SFの観点で想像すると、面白いなーと思いました。


年代もの_c0323807_11544460.jpg

この映画がまさにそうですね。


私はSF・タイムスリップものが好きです。そしてパラレルワールドとか異次元のようなもの、


マトリックスのような感じも好きです。


Guerinさん(ゲリンさん:本名)が


1923年の5月23日に57 Boulevard Haussmannにあるレストランで


ウェイターとして働き始めて、それから95年経ち、


ゲリンさんのベストが日本の宮城県にある佐々木洋品店の店主・佐々木貢の手元にあり、


2018年12月18日に全世界に売り始める。


これをフランスのゲリンさんの孫か曽孫が買ったら面白いなーと想像していますし、


誰かがこれを買い、ゲリンさんを探す旅に出ても面白いですよね。


こういう感じで、古着の独自の楽しみ方を見つけてください。




以前のブログも面白いのでぜひ暇なときに読んでみてください。




1・最近の佐々木洋品店の動きについて。(2018年秋)
※最近佐々木洋品店を知った方はここからご覧ください。


2・佐々木洋品店、初のクラウドファンディングの計画と実行(2018年夏から秋)



3・佐々木洋品店ブログを日々書く宣言した日から(2017年秋)




4・佐々木洋品店が宮城に引っ越してきてから(2017年春)




5・佐々木洋品店が群馬でお店を持った日から(2014年秋)



6・佐々木洋品店という名前が生まれた時から(2014年)



佐々木洋品店
*************************************
Email: sasakiyohinten@gmail.com

ホームページ: http://www.sasakiyohinten.com/
ネットショップ: http://sasakiyohinten.ocnk.net/
**************************************


by sasakiyouhinten | 2018-12-18 12:10 | お取扱い商品