ホワイト



c0323807_15204361.jpg
c0323807_15205774.jpg
c0323807_15205211.jpg


今日はアンティークのホワイトブラウスを3点、ロシアの白シャツを3点掲載しました。


いつも思うのですが、「白」という色には他の色と比べてだいぶハンデがあります。


ホームページ・オンラインショップなどは基本的に背景は「白」ですね。


佐々木洋品店も背景は白です。


そして、画像のバックも基本的に白です。


真っ白じゃなくても、白系が多いです。


佐々木洋品店の場合は、白の布に、白の照明を使っていますので、


画像の背景は白です。


という事なので、白いアイテムを掲載すると、思ったよりも白に見えなかったり、


色が飛びすぎてよく見えないのが悩みです。


c0323807_15245567.jpg

こちらも真っ白のブラウスですが、背景が真っ白なので、


これ以上白く修正してしまうと


同化してしまうので、実際よりもくすんでいるように見えてしまったり、


実際よりも暗く見えてしまったりするのが悩みです。。。


どう解決するか考えており、他の大手通販サイトもチェック。


見てみると正直似たり寄ったりでした。


やはりどこでも解決できていない問題なのかーと思いました。




佐々木洋品店の場合はサイトの背景は白、商品画像の背景も白で、統一感を出しており


さらに画像の白と、サイトの白を同じ白にしている事で、


画像とサイトの背景の区切りが見えないようにしています。


(この方法で商品が浮いているように見えています。この画像背景の切り取りが結構めんどくさいです・・。)



白のアイテムを良く見せる唯一の方法は背景がグレーか黒の暗い色の背景で撮影するときっと


綺麗でかっこよく見えるのかもしれませんが、せっかくの統一感が台無しになってしまいます。


統一感を気にしているのは実はオンラインショップを作っている人側で、


お客さんは実は全然気にしていないという事もあると思います。


それも分かってはいるんですが、やはり画像とサイトの背景は統一させたいのが


変なこだわりです。



何かいい方法があれば教えて下さい!!!


宜しくお願い致します。


ちなみに、白に関しても他の色の商品も画像より実物の方がカッコ良いです。


画像修正しているとはいえ、実物には絶対に勝てません。それが「古き良きもの」。


あの素朴と温かみを画像で伝えられたら。




そういえば、この「素朴」と「温かみ」。


私たちは海外にも販売しているので英語でこの言葉を伝えたいのですが、これが難しいんです。


私が使っている「素朴感」は「rustic」が一番近い単語かもしれません。


直訳すると「田舎風な」らしいです。


そして、驚いたことに「温かみある」という英語の表現はないようです。


日本の言葉で心情を表したり、情緒を表したりする言葉って意外と英語には変換できないことが


多いらしいです。


海外の方がよく日本語で「wabi-sabi」と記していることが多いですが、


ワビサビは英語では新しい言葉だったんですね。


ちょっと勝ったような気持ちになりました。(笑)



佐々木洋品店
*************************************
Email: sasakiyohinten@gmail.com

ホームページ: http://www.sasakiyohinten.com/
ネットショップ: http://sasakiyohinten.ocnk.net/
**************************************

[PR]
by sasakiyouhinten | 2018-06-07 15:54 | お取扱い商品 | Comments(0)