人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

たくさんの在庫

たくさんの在庫_c0323807_10120022.jpg

昨日、Facebookにて書いた「毎日ブログを更新」という言葉が2日目にして


私の肩に重くのしかかった。笑


現代はFacebookやTwitterやInstagramなどのSNSが主流で、ブログを更新する機会が減っていた。


2009年から初めて古着屋の頃は、お客さんに商品情報を届ける術がブログとネットショップしかなかった、


ネットショップは、今ほど技術や知識がなく、なかなか結果が出ず、週に何回かの更新だけだった。


それに比べてブログは手軽に始められ、簡単に画像も載せられるので、


多い時では1ヶ月に100回以上も更新していた。


昼、夕方、閉店頃と3回ペースで載せていたのだ。


そこまで頑張った理由は、アメブロにあったランキングシステム。


更新すれば、何回もお客さんが見てくれて、アクセス数も増えて、ランキングが上がる。


ランキングでは結構良いところまで上がり、古着屋の中では結構読まれている方だったのだろう。


ただほとんどが商品紹介だったので、きっと途中で飽きられてしまった事だろうし、


お客さんに商品紹介をすることが大事なのに、途中からアクセスを伸ばすということが目的となっていた。


そんな中、妻がインスタグラムを始め、佐々木洋品店に変わってから、「時代はインスタグラムだ!」と


ブログをサボっていた。笑


インスタグラムはさらに簡単で、画像を載せて、ちょっとコメント書いて終わり。


写真をちょっと綺麗&おしゃれに掲載すると、フォロワーがどんどん増えていった。


2017年11月4日の時点で、妻のインスタフォロワーは2217人、海外向けの英語用インスタグラムは8030人。


ちょっとした人気店のように錯覚してしまうほど、たくさんの方々がフォローしてくれて本当に嬉しいです。


しかし、インスタグラムは画像のみ。目に留まっている時間はおそらく5秒以内だろう。


さらに私もフォローしてる方々の画像をたくさん見るが、たくさん見すぎて、記憶にとどまらない。


「このデザインとても良い、他も見てみよう」と思っていて、スマホをどんどん下に進むと、


結局最初に良いと思っていた画像が行方不明となる。笑


2年インスタにどっぷりハマってやっと分かった事です。笑


という事で、これからブログで丁寧に「佐々木洋品店とは何か」、「佐々木家とはどんな人たちなのか」、


「商品や記事の紹介」、「子供の成長記録」など記し、皆さんに見てもらい、佐々木洋品店をもっと知ってもらおうと思いました。



と、前書きがとても長くなってしまいました。


久しぶりに内容のあるブログを書こうと思い、昨晩残業を終え、深夜1時頃にビールを飲みながら


記事を考えて、スマホで下書きして、今書いています。


飲みながら考えると、どうも強気な物言いになってしまうので、一応見返してから載せようと思っていました。笑



たくさんの在庫_c0323807_10120965.jpg
たくさんの在庫_c0323807_10120710.jpg
たくさんの在庫_c0323807_10120471.jpg

9月、たくさんのお客様に、たくさん商品を買っていただき、10月は思い切ってたくさん仕入れました!


洋服屋にとって、在庫は最も重要なものです。


売上に直結するものですが、お客様からは「この店はどーゆーお店なのか?買っても良いのか?」の判断材料となります。


色々なジャンルを集めているお店もあり、逆に片寄ったジャンルだけを追いかけるお店もあり、その中間もあります。


佐々木洋品店は片寄りすぎてる店に属します。


お店を始めてからずーっと変わらないジャンルを取り扱うお店もあれば、途中でジャンルが変わるお店もあります。


佐々木洋品店は後者です。


ホームページのアバウトにも記載していますが、私たち夫婦は寄り道だらけです。笑



たくさん色々なものに興味を持ち、その時その瞬間は私たちがかっこいい&かわいいと思うものを集めてきました。


そして今、アンティークリネンがたくさんあります。これから佐々木印をたくさん作ります。


フレンチビンテージもたくさんあります。リペアやリメイクして、ネットショップに掲載します。


アメリカ古着は少しだけあります。これから少しずつ増やそうと思います。


アフリカの藍染布はあまりありません、これから探して手に入れます!


アジアの少数民族衣装は今、日本に向かっています、もう少しで届きます。


日本の古布そこそこありますが、もっともっと探して、もっと増やそうと思います。


今、私たちの「一番良い」があの作業部屋にあります。(ホコリがすごくて、喉痛くなるんです・・・。)




昔、まだ20代の頃、先輩オーナーに相談したことがあります。


「仕入れをする基準がわからなくなります。好きなものを入れても流行ってないと売れないし。

かといって、流行りに追いつけません。」


すると、


「好きじゃないものが流行ってて、売れてて、それらを仕入れして、もし売れなかったらどーする?


すごく気持ちが嫌にならないか?好きなものが売れる店にすれば良い。」


この言葉は、今も私と妻の心にあります。


「好きなものが売れる店」、簡単そうですごく難しい事です、たくさんのお店はこの問題にぶつかるでしょう。


私たちは小規模ながら、好きなことをやれている。好きじゃないものは買っていない。


だから佐々木洋品店は私たちの「好き」をどんどん皆さんに押し売り出来る店にしていきますね!



ちなみに、先日、息子と母が母方の祖父母の家で柿取りと大根ほりに行ってました。


その柿を父方の祖母が干し柿にしています。


小さい頃から見てる風景なので、私はなんとも思っていませんでしたが、


妻が「画像撮ろう」って言ってたので、面白いなーと思い、私も撮ってみました。




佐々木洋品店
*************************************
Email: sasakiyohinten@gmail.com

ホームページ: http://www.sasakiyohinten.com/
ネットショップ: http://sasakiyohinten.ocnk.net/
**************************************


by sasakiyouhinten | 2017-11-04 11:17 | 佐々木印(ササキじるし)の服