タグ:手織り ( 8 ) タグの人気記事

ウクライナアンティークリネン刺繍ワンピ

c0323807_12330917.jpg

私が自分の事を分析するなら、頑固であり、わがまま。


私がヨーロッパの洋服に興味を持ち始めたのは東京でお店をやっていた時、今から5年前くらい。


それまでは、アメリカンビンテージ古着以外を否定してきた、いわば頑固者でした。


その年は東北の地震があったときでした。


放射能問題も浮上してきて、街から人が少なくなってきていて、当時のお店も経営は傾き気味。


そんな時、妻から「フランスのアンティークリネンワンピが欲しい、フランスに行きたい」と


言われ、行けないし、フランス古着に興味はありませんでした。


しかし、今の状況ではと、フランスのアンティークの洋服、ワークウェアを調べ始めて、


私の考えは180度変わったのです。


アメリカのビンテージ、古いものは好きでしたが、ヨーロッパにあるアンティークはさらにもっと古く、


手織りされているリネンの質感、深い色合いのインディゴリネン、シルエットのかっこいいワークジャケットやコート、


見れば見るほど、ハマっていきました。


その時にあるお店の通販サイトで、このウクライナリネンを見かけました。


私は、「ヨーロッパに行ったらこれも買いたい」と思っていました。




妻の一言から半年足らず、フランスへ買い付けに行ってきました。


初めての買い付けの時は、このウクライナリネン刺繍ワンピは見つけられず・・・。


二回、三回、四回、五回、何度仕入れに行っても買えることはなく、東京のお店から


群馬に移転してきました。



佐々木洋品店になってから、日本の古布、ヨーロッパ各国の古着、アフリカの古布、インドのラリーキルト、


いろいろな国々の古いものを取り扱ってきましたが、いまだ東欧ウクライナのアイテムとは出会えることが出来ず・・・。


そんな中とあるウクライナ人と出会えて、とうとうウクライナリネンの仕入れに成功!


5年越しの想いがやっと叶えることが出来ました。


c0323807_12321432.jpg
c0323807_12321833.jpg
c0323807_12323317.jpg
c0323807_12330540.jpg
c0323807_12325971.jpg
c0323807_12322400.jpg


手織りされたリネンに、とてもかわいい刺繍。


ウクライナの伝統的な民族衣装で、刺繍のモチーフや色には意味があるようです。(詳しくは次の機会に)


肩にギャザーがふんだんにあしらわれており、ふんわりとしたシルエット。


本当に昔から今に至るまで着用されているようで、
c0323807_12320488.jpg
c0323807_12320916.jpg
c0323807_12331539.jpg


古い写真にも現代の画像にも載っています。


ヨーロッパの西側はシンプルなものが多いですが、


東側はこういったかわいらしい刺繍が多いようです。



なかなかのレアアイテムで、今回3点入荷しました。


今週中にネットショップに掲載予定です。


私は、頑固であり、どうしても欲しいという理由で、この時期にこれらワンピを


仕入れてしまうわがままものです。日本ではシンプルな洋服が好まれますが、


この刺繍のインパクトと温かみある古い洋服、どうかよろしくお願いいたします。


妻は今回のウクライナからの仕入れについて「まだ探してたんだね!(笑)」と言っていました。


私は男なので着れるものではないのに、この執念深さ、自分キモいです(笑)




佐々木洋品店
*************************************
〒370-0805
群馬県高崎市台町8(蔵)
11:00~19:00(不定休)
Tel:027-381-6526
Email: sasakiyohinten@gmail.com

ホームページ: http://www.sasakiyohinten.com/
ネットショップ: http://sasakiyohinten.ocnk.net/
**************************************

[PR]
by sasakiyouhinten | 2016-10-31 13:09 | お取扱い商品 | Comments(0)

世界の古布(アフリカ編)

c0323807_17155795.jpg
c0323807_17160370.jpg
c0323807_17161078.jpg

先日入荷したアフリカの古い布を本日ネットショップに掲載しました。


c0323807_17164887.jpg
c0323807_17163813.jpg

手紡ぎされ、手織りされ、天然藍染の布たち。


西アフリカのマリ・ブルキナファソなどで作られており、主に作っている人たちはドゴン族。


あまりアフリカの民族について知識はない私ですが、


知識がなくとも、見れば良いものと分かる布たちです。


やはり人の手によって作られたものは、誰が見ても良い。


上に載せた画像の藍染の手織り綿、生成りの手織り綿は何度も販売してきたものですが、


今回新しい部族の作品が入荷しましたので、簡単にご紹介します。



c0323807_17162528.jpg
c0323807_17161835.jpg


こちらの絞り藍布は中部アフリカにあるカメルーンのもので、バミレケ族によって作られたもの。


こちらも天然藍染、手織り綿で、とても柔らかく、


模様がとてもかわいらしい、温かみあるものです。


c0323807_17163369.jpg
c0323807_17164341.jpg

お祭りの際に男性が身に着けるもので、


模様には王様の部屋や神殿、動物や農地などをモチーフにしているみたいで、


日本の柄とも、アジアンエスニックともまた違ういい雰囲気の模様です。


パソコン・スマホの画面で、この温かみを伝わっているのかどうかわかりませんが、


私的には、ここ最近で一番心を躍らせたアイテムです。


(そしてここ最近で一番高い仕入れ値でした(笑))


佐々木洋品店は、人によっては「手作りのお店」に見えたり、「ヨーロッパ古着のお店」に見えたり、


「古布のお店」に見えたり、見方によって見え方変わると思いますが、


今回のアフリカンビンテージに触れ、新しい発見をお客様方にしてほしいです。




佐々木洋品店
*************************************
〒370-0805
群馬県高崎市台町8(蔵)
11:00~19:00(不定休)
Tel:027-381-6526
Email: sasakiyohinten@gmail.com

ホームページ: http://www.sasakiyohinten.com/
ネットショップ: http://sasakiyohinten.ocnk.net/
**************************************





[PR]
by sasakiyouhinten | 2016-10-06 17:43 | お店のこと | Comments(0)

アフリカの藍染

c0323807_18424245.jpg
c0323807_18424846.jpg
c0323807_18425726.jpg
c0323807_18432374.jpg
c0323807_18431065.jpg

西アフリカの藍染の布が少量ですが入荷しました。


昨年はこの布をたくさん仕入れることが出来ていたのですが、


昨年後半から全く入荷がなく、今回は少量ですが待望の入荷です。


なかなか手に入れることが出来なくなったこの布。


手織りされた布を天然藍染されていて、ショールやストール、現地の方は巻きスカートにしたりして


着用しているものです。


ある部族が作っているもので、工場などで作るものでなく、手作業にて作られているもの。


手仕事とは、機械では生み出すことが出来ない独特の温かみがあります。


今回入荷した布は天然藍染されたもので、さらに絞りが入ったものも。


濃い藍色のものは、色が移ってしまうほど贅沢に藍が使用されております。


どこの国の藍染もやはり魅力的で、かっこいいと改めて実感しました。


c0323807_18433778.jpg
c0323807_18433156.jpg

こちらの方々がこれらを作る部族です。


いろいろなものの進化がとても速い現代に、この伝統を重んじる部族の皆様に敬意と称賛を。





佐々木洋品店
*************************************
〒370-0805
群馬県高崎市台町8(蔵)
11:00~19:00(不定休)
Tel:027-381-6526
Email: sasakiyohinten@gmail.com

ホームページ: http://www.sasakiyohinten.com/
ネットショップ: http://sasakiyohinten.ocnk.net/
**************************************


[PR]
by sasakiyouhinten | 2016-02-21 18:55 | お店のこと | Comments(0)

新しい藍

c0323807_12055835.png



タイの天然藍染めの手織りの布が入荷しました。


ご紹介する藍染め布はおそらくタイ北部で作られたものと思います。


私は南部には何度か行ったことがあるのですが、見かけたことがありませんでした。


c0323807_12061176.jpg
c0323807_12061716.jpg
c0323807_12062039.jpg
c0323807_12062361.jpg


こちらのロールは天然藍染めされた手織り綿です。


少し粗めですが、ソフトな肌触り。


生地は薄手ですが、保温性がある綿になります。



c0323807_12062609.jpg
c0323807_12062976.jpg
c0323807_12063227.jpg
c0323807_12063542.jpg
こちらは天然藍染めされた手織り麻のロールです。


生地感がヨーロッパのアンティークリネンにすごく酷似しております。


藍染めの中でも「茄子紺」と呼ばれる色になります。


使用感がすでにあるので、一度なにか作ったもので、のちに解体したのかもしれません。


両方ともおそらく古いもので、


「現代の布」ではない風合いが出ており、私達にはたまらない素材です。


この藍染め布を用いて「佐々木印」の制作を行いますが、


こういう生地は私よりもきっと妻のほうが心躍り、良いものを作ってくれるでしょう。


今後の佐々木印をお楽しみに。。。



佐々木洋品店
*************************************
〒370-0805
群馬県高崎市台町8(蔵)
11:00~19:00(不定休)
Tel:027-381-6526
Email: sasakiyohinten@gmail.com

ホームページ: http://www.sasakiyohinten.com/
ネットショップ: http://sasakiyohinten.ocnk.net/
**************************************


[PR]
by sasakiyouhinten | 2015-07-12 12:17 | お店のこと | Comments(0)

アンティークリネンの魅力

c0323807_12445000.jpg
c0323807_12450624.jpg


c0323807_12450170.jpg
c0323807_12451648.jpg
c0323807_12453134.jpg
c0323807_12452616.jpg
c0323807_12452295.jpg

アンティークリネンが着れる良い時期になりましたね。


佐々木洋品店ではフランスやドイツ、そのほかヨーロッパの国々のリネンのアイテムを


取り扱っております。


リネンと聞けば、薄手で風通しの良い、夏に最適なものを思い浮かべる方が大半かと思います。


当店で取り扱うアンティークリネンは夏だけのリネンではありません。


アンティークリネンはヨーロッパの19世紀から1920年代頃まで使用されていたと


フランスの蚤の市で出会ったおばあちゃんが言っていました。


その頃のリネンは、家々で手紡ぎ手織りされたリネンも多く、麻の織り目が


一枚一枚違います。


細かな目のものや、粗め、ごつごつしているものもあります。


また使い込まれてすごく薄くなり、トロンとした生地感のものもあれば、


あまり使用感がなく、すごく硬いものも。


ワンピースやテーブルクロスに付いているイニシャルも国々によって異なったデザイン、


ワンピースの仕立て方がミシンのものもあれば、手縫いで仕立てているものも。


触れれば触れるほど、魅力が伝わってくるのがアンティークリネンです。


一度ご購入いただくと、5年~10年はご愛用頂けると思います。


古いものは無くなっていくもので、増えることはありません。


是非大事に使ってください。




佐々木洋品店
*************************************
〒370-0805
群馬県高崎市台町8(蔵)
11:00~19:00(不定休)
Tel:027-381-6526
Email: sasakiyohinten@gmail.com

ホームページ: http://www.sasakiyohinten.com/
ネットショップ: http://sasakiyohinten.ocnk.net/
**************************************

[PR]
by sasakiyouhinten | 2015-03-27 12:59 | お店のこと | Comments(0)

藍染め


c0323807_16521505.jpg
c0323807_16523152.jpg
c0323807_16523857.jpg
c0323807_16524336.jpg
c0323807_16524922.jpg
c0323807_16525634.jpg
当店で取り扱う【世界の古布】の手織りの藍染め綿です。


こちらの綿は主に西アフリカで手紡ぎ&手織り&天然藍染めされた布になります。


日本に比べて技術があまり進んでいない国のものです。


ですが、私はこういう人の手で作られた物がとても好きです。


「どこが好きなんですか?」と聞かれると、「うーん」とすぐ答えを出すのは難しいのですが、


「なんとなくあたたかい」が一番しっくりくる答えかもしれません。


大量生産することが今ではふつうだと思いますが、


同じ素材で同じ色で同じデザインのものが1000枚、1万枚、もしかしてそれ以上?


と工場で作られているものからは伝わってこない「あたたかさ」かもしれませんね。


あっ、あとなんと言っても「藍」がいいですね!


日本では昔の野良着などで良く使われていた藍染めの木綿や、


フランスでは藍染めのリネンで作られた羊飼い用スモック、


アメリカではリーバイスヴィンテージのインディゴデニムなどなど、


藍染めは古い時代から世界で愛され続けた色なんですね。



今回のブログの画像は、ネットショップに掲載した藍染めのショールとストールの画像です。


このブログを読んでいただき、「ちょっと欲しいかも」って思っていただいた方に


買ってほしいなーと思っておりましたが、このブログを書く前に完売しました。


皆さま、ご購入ありがとうございました。


私がブログにて説明なんてする必要もなかったですね。


でしゃばりました・・・。申し訳ございません。




佐々木洋品店
*************************************
〒370-0805
群馬県高崎市台町8(蔵)
11:00~19:00(不定休)
Tel:027-381-6526
Email: sasakiyohinten@gmail.com

ホームページ: http://www.sasakiyohinten.com/
ネットショップ: http://sasakiyohinten.ocnk.net/
**************************************

[PR]
by sasakiyouhinten | 2015-02-26 17:09 | お店のこと | Comments(0)

アンティークリネン




本日、ネットショップに3点アンティークリネンドレスを掲載しました。


当店では染めは岐阜に住んでいらっしゃる職人さんに頼んでいます。


そのため、染工程で出てしまう色のムラがほとんどなく、


とってもきれいに染まって仕上がっています。




ちなみに「アンティークリネン」はその名の通り、100年前に作られたリネンです。


(フランスでは1920年代までリネンが使われていたとか・・・。)


ヨーロッパではイギリス・フランス・ドイツ、もしかするとほかの国々でも作られていました。


ワンピースやキャミソール、そのほかキッチンタオル、テーブルクロスなどがあります。


上質で肉厚なリネンは、昔は家々で手織りされていたもののようです。


c0323807_17154375.jpg



ワンピースやキャミソールにこういったイニシャルが刺繍されていることが多いです。


これは女性が結婚で嫁ぐときに、相手の名字をイニシャルで刺繍する風習があったからです。


つまり、100年前の花嫁道具のようなものだったみたいですね。


c0323807_17201405.jpg
c0323807_17202167.jpg

脇下の画像ですが、現代の洋服ではほとんどない縫い方です。


腕の動き良さを向上させるものなのか、ゆとりを足して通気性を確保するためなのか・・・。


ともかく、私はこの昔ながらのディテールが好きです。


c0323807_17241301.jpg
c0323807_17242074.jpg


アンティークリネンワンピは直線で縫われていて、胸元・首元に細かなギャザーが入っていたり、


首回りをひもで絞ったりするデザインが多いので、


裾の向かって広がるAラインのシルエットになります。


とてもゆったりとしたシルエットとなります。


手織りのリネンのため、最初は肉厚で少し硬く感じますが、


もともとは部屋着として作られたアイテム。


着続けて頂ければ、その分生地が柔らかく、トロンとした素材感に進化していきます。


飽きないデザインでもありますので、長くご愛用頂ければ、私たちもうれしいです。




最後に洗濯のことですが、家庭用洗濯機でざぶざぶ洗っていただいて問題ありません。


染めたリネンも色落ちはほとんどしないです。半年から一年、着続けて


「あれ?少し薄くなったかな?」って思うレベル。


もちろん着用頻度によってはもう少し早めに色落ちがあるかもしれませんが


しっかり染まっているので、色落ちはあまり気にならないと思います。


ただし、干す時に直射日光に長い時間さらし続けると、肩の部分だけ


日焼けしてしまいます。これはどの服でも同じことが言えるので、


きょくりょく日陰で干してください。



ではネットショップへのアクセスお待ちしております。



佐々木洋品店
*************************************
〒370-0805
群馬県高崎市台町8(蔵)
11:00~19:00(不定休)
Tel:027-381-6526
Email: sasakiyohinten@gmail.com

ホームページ: http://www.sasakiyohinten.com/
ネットショップ: http://sasakiyohinten.ocnk.net/
**************************************

[PR]
by sasakiyouhinten | 2014-12-04 17:34 | お店のこと | Comments(0)

手紡ぎの布

c0323807_2126327.jpg


トゥバンの手紡ぎ手織りの布。

手織りの風合いがとっても良いです。

一つ一つ、誰が紡いだか、誰が織ったのかによって、生地の表情が違うんだそうです。

どんな形にして、どんなデザインにするかは、私が手を加えることができますが、もともとの質感は、誰かの手によって作られたもの…

そう感じられる生地を選びたいのです。

c0323807_2126425.jpg


前回の、「上っ張り」よりも、アームを細めにしました。

そろそろ春めいてきて、お出掛けしたいな〜という、私の心情がそうさせました(笑)

これはベース。

さらに、ポケットやら何やらつけて、佐々木風にします!
[PR]
by sasakiyouhinten | 2014-03-03 21:09 | Comments(0)


服と布小物のお店


by 佐々木洋品店

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

お知らせ
お店のこと
佐々木印(ササキじるし)の服
お取扱い商品
出店とおでかけ。たまにつぶやき
お問い合わせ
地図・駐車場

画像一覧

最新の記事

オンラインショップ一時休業、..
at 2017-03-15 22:35
ボロボロシャツ
at 2017-03-01 16:05
3月営業日カレンダー
at 2017-02-28 15:49
三月からの営業について
at 2017-02-23 15:41
チャイナボタンシリーズ
at 2017-02-08 16:29

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by sasakiyouhinten at 13:02
違うところにコメントして..
by Hami at 11:53
私も古の方の繕いが大好き..
by Hami at 11:45
Colorful Li..
by sasakiyouhinten at 11:47
今日は楽しい時間をありが..
by Colorful Life☆ at 20:05
こちらこそありがとうござ..
by sasakiyouhinten at 13:51
改めまして、オープンおめ..
by つぶ at 20:47
大場さま わざわざコメ..
by sasakiyouhinten at 15:47
Blake Bearさま..
by sasakiyouhinten at 12:54
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 12:40

リンク

タグ

検索

ブログパーツ

そろそろ俺もゴールドカード