囚人服

c0323807_16382604.jpg


佐々木印で新しいアイテムを製作中です。


「囚人服」


囚人服といえば、やはり白黒の太めのボーダーでしょう。


ということで、アンティークリネンで囚人服を作ってみました。





c0323807_16383347.jpg

普段アンティークリネンで製作する佐々木印は妻が行なっています。


私は主にビンテージリメイクやたまに古布を使って佐々木印を製作してます。


私の性格は「めんどくさがり」「大雑把」「適当」「ずぼら」などの理由もあって、


几帳面にパターンを引いて洋服を作ることには不向きと思っています。





しかし、ある日から囚人服のボーダーが頭から離れなくなりました。


「どうしても作りたい」→「でも苦手」→「妻に作ってもらおう」→「忙しそう」→「自分でやるしかない」


という葛藤もあり、いざ製作してみました。


上の画像はただいまサンプルとして、私が着用しております。


というのも今まで使ったことがない塗料を使用し、


生地に対しての浸透具合や、色落ち具合、洋服自体の強度を分からなかったので、


私が試験的に着用し、不具合がなさそうなら制作に取り掛かろうと思いました。



いざ塗料を塗った時はボーダーは真っ黒でしたが、一度洗濯してみたら一気に色落ちしました。


その後何日か着用して洗いを繰り返しましたが、その後は少しずつだけ色落ちしました。


他のものと一緒に洗ってみましたが、色移りはせず。


強度もゆったりめのシルエットにしてるため、壊れそうな様子もない。


ということで、制作し、今月中にオンラインショップに掲載しようと思います。



c0323807_16560833.jpg



私は以前、古い囚人服の実物を見たことがあります。


やはりボーダーは、色が薄れていて、ちょっと雑な雰囲気でした。


今回ペイントしたボーダーもまた色褪せし、私的には大満足でした。


これから作品を手がけますが、おそらく塗料の量や水分の量、塗り方、アンティークリネンの厚みや目の荒さによって


きっと色落ち加減は変わってくると思います。同じ色合いが作れないかもしれません。


「適当」と「一点もの」を好む私にとっては最高の条件かもしれません。



ちなみにサイズは1サイズ、男女兼用で着れるサイズで作ろうと思っています。





佐々木




佐々木洋品店
*************************************
Email: sasakiyohinten@gmail.com

ホームページ: http://www.sasakiyohinten.com/
ネットショップ: http://sasakiyohinten.ocnk.net/
**************************************





[PR]
by sasakiyouhinten | 2017-06-16 17:10 | 佐々木印(ササキじるし)の服 | Comments(0)