ウクライナアンティークリネン刺繍ワンピ

c0323807_12330917.jpg

私が自分の事を分析するなら、頑固であり、わがまま。


私がヨーロッパの洋服に興味を持ち始めたのは東京でお店をやっていた時、今から5年前くらい。


それまでは、アメリカンビンテージ古着以外を否定してきた、いわば頑固者でした。


その年は東北の地震があったときでした。


放射能問題も浮上してきて、街から人が少なくなってきていて、当時のお店も経営は傾き気味。


そんな時、妻から「フランスのアンティークリネンワンピが欲しい、フランスに行きたい」と


言われ、行けないし、フランス古着に興味はありませんでした。


しかし、今の状況ではと、フランスのアンティークの洋服、ワークウェアを調べ始めて、


私の考えは180度変わったのです。


アメリカのビンテージ、古いものは好きでしたが、ヨーロッパにあるアンティークはさらにもっと古く、


手織りされているリネンの質感、深い色合いのインディゴリネン、シルエットのかっこいいワークジャケットやコート、


見れば見るほど、ハマっていきました。


その時にあるお店の通販サイトで、このウクライナリネンを見かけました。


私は、「ヨーロッパに行ったらこれも買いたい」と思っていました。




妻の一言から半年足らず、フランスへ買い付けに行ってきました。


初めての買い付けの時は、このウクライナリネン刺繍ワンピは見つけられず・・・。


二回、三回、四回、五回、何度仕入れに行っても買えることはなく、東京のお店から


群馬に移転してきました。



佐々木洋品店になってから、日本の古布、ヨーロッパ各国の古着、アフリカの古布、インドのラリーキルト、


いろいろな国々の古いものを取り扱ってきましたが、いまだ東欧ウクライナのアイテムとは出会えることが出来ず・・・。


そんな中とあるウクライナ人と出会えて、とうとうウクライナリネンの仕入れに成功!


5年越しの想いがやっと叶えることが出来ました。


c0323807_12321432.jpg
c0323807_12321833.jpg
c0323807_12323317.jpg
c0323807_12330540.jpg
c0323807_12325971.jpg
c0323807_12322400.jpg


手織りされたリネンに、とてもかわいい刺繍。


ウクライナの伝統的な民族衣装で、刺繍のモチーフや色には意味があるようです。(詳しくは次の機会に)


肩にギャザーがふんだんにあしらわれており、ふんわりとしたシルエット。


本当に昔から今に至るまで着用されているようで、
c0323807_12320488.jpg
c0323807_12320916.jpg
c0323807_12331539.jpg


古い写真にも現代の画像にも載っています。


ヨーロッパの西側はシンプルなものが多いですが、


東側はこういったかわいらしい刺繍が多いようです。



なかなかのレアアイテムで、今回3点入荷しました。


今週中にネットショップに掲載予定です。


私は、頑固であり、どうしても欲しいという理由で、この時期にこれらワンピを


仕入れてしまうわがままものです。日本ではシンプルな洋服が好まれますが、


この刺繍のインパクトと温かみある古い洋服、どうかよろしくお願いいたします。


妻は今回のウクライナからの仕入れについて「まだ探してたんだね!(笑)」と言っていました。


私は男なので着れるものではないのに、この執念深さ、自分キモいです(笑)




佐々木洋品店
*************************************
〒370-0805
群馬県高崎市台町8(蔵)
11:00~19:00(不定休)
Tel:027-381-6526
Email: sasakiyohinten@gmail.com

ホームページ: http://www.sasakiyohinten.com/
ネットショップ: http://sasakiyohinten.ocnk.net/
**************************************

[PR]
by sasakiyouhinten | 2016-10-31 13:09 | お取扱い商品 | Comments(0)