名前の由来

桃雪さんが商品名に着ける「名前」は、

すごく桃雪さんのお人柄がわかるような由来があります。

残念ながら、ネットショップではそこまでの解説が出来ないので、

少しご紹介いたします!

きっと、気になっている方もいますよね??






「どんまいバッグ」


すごく良い生地なのに、裂けていたり、シミがあったりするものは、

残念だなーということで「どんまい」の名がつくそう(笑)

どんまいだけど、桃雪さんのセンスとアイデアで、もちろんちゃんと使えて、

さらにのその部分が生きるように仕立てる。それがどんまいバッグのみどころかも。


今回のどんまいバッグは、ボロボロに穴のあいた部分を、全てちくちくお繕い。(またその糸にもこだわりありです!)

それがバッグの柄のように見えます。

実は、このちくちくの中に1つ、雪の結晶が隠されているのです!

雪の結晶は、1つとして同じものはない一瞬で、儚い存在・・。

そして、「一期一会」という意味があるそうです。素敵ですね。


c0323807_11420019.jpg
c0323807_11420622.jpg
c0323807_11421096.jpg





「家出バッグ」


家出が好きだという桃雪さんならではのネーミング(笑)

家出、つまりは旅行にも向くバッグで、いっぱい荷物を放り込めるほどの大きなバッグ、

さらに、小旅行サイズの手持ちバッグにも変身するという、

桃雪さんらしいアイデアが折り込まれています。

このバッグには毎回、存在する人物の名前が付けられ、

今回は「ミカコさん」「ヒカリさん」。

ミカコさんは、多部未華子さんのことだそう。

彼女は旅行好きで1人でも平気で僻地へ行ってしまうのだとか・・。

同じ意味合いで、「カンノさん」てのもありました。

お気付きのとおり、菅野美穂さんです。

「ヒカリさん」は桃雪さんの大好きなお菓子屋さんから付いたそう。

そのお店をイメージし、粉袋が使われたバッグでした。

あと、「田中くん」てものありました。こちらは、田中民さんのこと。

桃雪さんのあこがれの人や、影響をうけた人、旅のイメージのある人が、家出バッグの名前になるそうです。

次回作も楽しみです!

c0323807_11415070.jpg
c0323807_11415445.jpg




「コフコフ」

正式名称は、「古福幸布」。

筒状になった布なのですが、これはすごい。

片側を縛って帽子に、首に付けたらスヌードに、少し折って頭に巻けばターバンに!!

優れものです!!!

桃雪さんは、誰でもつくれるよ。と言いますが、

やはり、この生地の合わせ・縫い方、そうは言っても一点ものです。

この力の抜けた仕上がり具合、憧れです!

でも、だからこそ、この名前がついたのだそう。

名前だけでも自分らしいものにしたいと。

幸福が舞い降りそうな名前です!


c0323807_11421907.jpg




もう売れてしまったものもご紹介してしまいましたが、

そんなわけで、いま、佐々木洋品店2階では、古布の小物が充実しています。


直接ご覧になりたい方は、是非~!

(7/30から夏休みに入ってしまいますので、ご注意くださいね!)

c0323807_11421528.jpg



佐々木洋品店
*************************************
〒370-0805
群馬県高崎市台町8(蔵)
11:00~19:00(不定休)
Tel:027-381-6526
Email: sasakiyohinten@gmail.com

ホームページ: http://www.sasakiyohinten.com/
ネットショップ: http://sasakiyohinten.ocnk.net/
**************************************

[PR]
by sasakiyouhinten | 2016-07-26 12:04 | お取扱い商品 | Comments(0)