感動した服


c0323807_15103427.jpg
c0323807_15103917.jpg


私は最近、このブラウスに大変感動しました。


このブラウスを最初見たときは、


「よくあるアンティークのブラウスだなー」と思いました。


「よくあるアンティークブラウス」っていう言葉もおかしいのですが、


たくさんのアンティークのブラウスを見て、なんとなく1920年代から30年代頃に


作られたと容易に想像できた生地感だったので、私の第一印象はそうでした。


私が商品を仕入れるときに、一番最初に見るのは全体的な汚れやダメージ。


その次にデザイン性、そしてサイズ感。


ワークウェアなら、汚れやダメージもかっこいいと思えますが、


ブラウスやワンピースはどちらかと言えば状態がきれいな方がいいと思っています。


このブラウスは多少汚れがありましたが、100年近く前のものですし、


あまり目立たないので、仕入れることにしました。


その後、値段を付けるとき、そしてネットショップに掲載するときの撮影時、


細かなディテールを見て感動しました。


c0323807_15104305.jpg

イニシャルの刺繍は古いワンピースにはよく見かけるものです。


首もとではなく、裾当たりのあまり目立たないところについていました。


その刺繍のとなりの縫い目に私の目はとまりました。


c0323807_15104611.jpg

ちょっとパッチワークされています。


脇部分の裾、パッチワークにはとても不向きな場所に、目立たせることもなく


パッチワークされていました。


古いパッチワークの仕方はとても興味深いのよく縫い方を見てみると・・・・。


c0323807_15105271.jpg

この部分はどうやら手縫いで行われていました。


1ミリ以下の縫い目だと思います。


とても細かく、とても細い糸で、丁寧に、縫い目が目立たないように縫われていました。


この部分だけ手縫いだったら、そこまでびっくりしませんでしたが、


このブラウスをよく細部まで目をやると、すべての縫いが手縫いだったんです。


レースを縫い付ける箇所、アームホール、カフス部分、裾、袖・・・・。


もしかしたらボタンホールや刺繍も手縫いだったのか・・・?(丁寧すぎて、もはやわかりません)


すべての縫い目が細かな間隔で目立たず、とても細い糸を使用しております。


さらに驚いたディテールが


c0323807_15105942.jpg
c0323807_15105658.jpg

この逆ダーツにしたようなディテール。


もちろん手縫いで、とてもきれいに同じ素材をはめ込んでいます。


この部分があることにより、ウエスト部分が細く見え、腰にきれいに裾が乗るんでしょう。


古い時代、女性たちの洋服は独特なシルエットでした。


c0323807_15110859.jpg

腰は細く、ハイウエスト気味で、お尻部分は大きく盛り上がったデザインのスカート。(ワンピースも同じく)


このシルエットがフランスで流行していたのは1850年代から1880年代頃。(※個人的な見解)


たくさんの古い写真を見て、私はそう思いました。


私はやっとここで、


「このブラウスはよくあるアンティークのブラウスではない、19世紀末に作られた珍しいブラウスだ」


と、確信しました。



このブラウスは先日ネットショップに掲載しました。


アンティークウェアの知識を持っている人なら、逆にスルーしてしまうような、


一見、「普通のアンティークホワイトブラウス」。


でもこのブラウスには歴史があり、手縫いの温かみがあります。


c0323807_15111470.jpg






よろしくおねがいいたします!




佐々木洋品店
*************************************
〒370-0805
群馬県高崎市台町8(蔵)
11:00~19:00(不定休)
Tel:027-381-6526
Email: sasakiyohinten@gmail.com

ホームページ: http://www.sasakiyohinten.com/
ネットショップ: http://sasakiyohinten.ocnk.net/
**************************************


[PR]
by sasakiyouhinten | 2016-05-24 15:46 | お店のこと | Comments(0)