ビンテージ×リメイク ライン

c0323807_12400496.jpg
c0323807_12400702.jpg
c0323807_12401404.jpg
c0323807_12401145.jpg
c0323807_12401942.jpg
c0323807_12402270.jpg



私たちで製作する「佐々木印」には主に3種類あります。


①日本の古い布で作るもの・・・これは古い着物や野良着を解体して新しく作り直すもの。

②アンティークリネンで作るもの・・・フランスやドイツのアンティークリネン(100年前の生地)を使い、
パターンを引いてオリジナルの洋服を手作りしているもの。

③ビンテージリメイクライン・・・海外のアンティークやビンテージにパッチワークや当て布、刺し子などのリペア、
リメイクで形を変えているもの。


今日はその中で、私が担当している③ビンテージリメイクラインのお話。


海外の1世紀前、半世紀前の労働着や部屋着、いわゆる「日常着」は


着古され、汚れが飛び散っていたり、いろんなところに穴があったり、


袖がなくなっていたり、変なところが修理されていたり、


あるいは未使用品、などなど様々な状態で残っています。


その中で、「ビンテージリメイクライン」をするきっかけとなったのが、


「当時の素人がリペアしている雑さ」に惹かれました。


どういうことかというと、旦那が着ている仕事着(ワークジャケット)に穴が開いたので


奥さんがふさいであげた、ようなプロが直したものではない箇所ほど


「温かみ」と「素朴さ」が伝わってきます。


この直し方が「十人十色」で、型や常識にはまらず、無理やり直していて


形も変わっていたりすることが、とても面白く思えました。


それを再現したいと思ったことが始まりでした。


今、私が行うビンテージリメイクは穴があった場合


「この生地を合わせよう」「裏から合わせよう」「いややはり表から合わせよう」


「糸はこの色にしよう」「糸の太さを変えよう」「縫い目の感覚を広げよう」


などなど、一つの工程にたくさんのことが思いつき、


これがまたとても楽しいです。


私の中でがこれが仕事でもあり、遊びでもあります。


「遊び」だからこそ、上にある画像のようなバラバラな縫い目や、


正方形とは言えない当て布の形ができるのです。


ファッションの仕事とは、今まではオシャレ・流行が最優先と思っていましたが、


今はファッションは「遊び」とも言えるなーと思えるようになりました。


私の作るビンテージリメイクラインは「オシャレ」と思わず


「遊び」と思って、着ていただければいいなーと思います。



佐々木洋品店
*************************************
〒370-0805
群馬県高崎市台町8(蔵)
11:00~19:00(不定休)
Tel:027-381-6526
Email: sasakiyohinten@gmail.com

ホームページ: http://www.sasakiyohinten.com/
ネットショップ: http://sasakiyohinten.ocnk.net/
**************************************




[PR]
by sasakiyouhinten | 2016-02-27 13:20 | 佐々木印(ササキじるし)の服 | Comments(0)