BORO、襤褸

c0323807_12052646.jpg
c0323807_12053191.jpg
c0323807_12053967.jpg
c0323807_12053536.jpg
c0323807_12054293.jpg
c0323807_12054710.jpg
c0323807_12055330.jpg
c0323807_12055179.jpg


これらは雑巾でも、ゴミでも、捨ててしまうものではありません。


江戸時代から明治時代頃の「襤褸」と呼ばれるもの。


世界的にはBOROという名前で有名になりました。


藍染めの木綿のもの、野良着、そのほかよく分からない綿をツギハギして、


もう着れない、もう使えない、というギリギリまで補強して使う。


それが100年前の日本人でした。


私達夫婦はアメリカのヴィンテージウェア、ヨーロッパのアンティークウェアと


少しではありますが、いろんな国の古い服を目にしてきましたが、


ここまでボロボロになっても直している服はおそらく日本だけではないでしょうか。


これもまた日本文化なのでしょう。




さて、こちらの「ボロ」。


私、妻も「どう復活させようか?」とわくわくしながら考え中です。


「THE 和」って感じにしないようにするのが難しいんです。


和洋折衷、本来の良い味を壊さないように、そして


現代でも活躍できるように作り替え、「佐々木印」として販売すると思いますので、


完成しましたら、オンラインショップに掲載しようと思います。





佐々木洋品店
*************************************
〒370-0805
群馬県高崎市台町8(蔵)
11:00~19:00(不定休)
Tel:027-381-6526
Email: sasakiyohinten@gmail.com

ホームページ: http://www.sasakiyohinten.com/
ネットショップ: http://sasakiyohinten.ocnk.net/
**************************************

[PR]
by sasakiyouhinten | 2015-03-29 12:17 | お店のこと | Comments(0)